Loading...

株式会社

  8:30〜15:00(月〜金)
10:00〜17:00(土)日曜・祝日 定休日
8:30〜15:00(月〜金)10:00〜17:00(土)日曜・祝日 定休日
オーナーブログ

こんにちは。オーナーの藤原です。

久しぶりの投稿となりました。

3月は年度末や学校の卒業シーズンで何かとイベントが多く、フリヨン宅配ブレッドもとても忙しい日々を送りました。

 

そして、この時期は人の移動も多い時期で、当店もスタッフのご主人様の会社の転勤辞令が出たりして、またスタッフとのお別れがあったり、出会いがあったりする時期でした。

アルバイトで入っていた学生さんも就職が決まり、フリヨンを去る事になったり、少し寂しい気持ちになる時期でした。

 

今年はお花見の季節は幸運にも雨が降らず、お花見を企画した方もとても気持ちが良くお花見が楽しめたのではないでしょうか?

 

ちょうど1年前は店舗の改装があって、全スタッフがパートスタッフという状況から再スタートを切る事になりました。技術のある者が辞めてしまって、残った者たちでの再構築。

あの時を振り返ると、自分の心は不安でいっぱいでした。

店舗改装料と機材の増設や新しいホームページを作ったりする事で再び借り入れをしなくてはならなく、どうなる事だろうと思っていて、お金の不安やスタッフとうまくやっていけるかとか、また新しい事を始めても事業がうまくいくのか分からない不安でとにかくいっぱいでした。

 

1年経った今、何もかもが大きく変容しました。

 

何よりも素晴らしい事。それは、スタッフ達がとっても楽しそうに仕事をしている事だと思います。

私も体調が、労働勤務時間が短くなった事と自分のメンテナンスに時間をかける事でかなり改善し、心も体も今はとっても良い状態になりました。

 

私は常日頃から今の日本の仕事の在り方に対して思うことがあります。

 

今は戦後の高度成長期とは全く違い、「物が溢れている飽和の状態」なのです。

それを理解した上で事業の在り方を考えなくてはならないと思います。

 

私自身も一応は結婚していまして、養われている状態なので、本当に仕事がうまく行かなくなったら正直いつ辞めてもいいと思っています。

 

しかし、それでは何か自分の中では納得が行かなくて、「取り合えず求められる限りは頑張って継続する」という事を選択しました。

 

求められるとは、お客様にも求められる事であったり、スタッフ達の居場所を作ってあげる事であったり、いろいろあるのかもしれません。

 

「頑張り方の質」という物が大きく変わりました。

創業7年近くになりますが、6年間は本当に全力疾走で、肩に力入りまくりでしたし、とにかく完璧を求めすぎていたのかもしれません。

 

自分の中での「ねばならない」を本当にいろいろと手放しました。そして、無理をしなくなりました。

「休むことは悪」とまで思っていた自分が「休んだ方がいい仕事が出来る」と思えるようになりましたし、そうなればスタッフ達も同じように気が楽になると言う事に気づきました。

 

私が思うに今の平成の子達は、とにかくやる気が無いのでは無くて、仕事の楽しみ方が分からないだけだと思います。

仕事は苦しくて、大変な物。

そういう感覚が昭和の人間には潜在的に染みついているのかもしれません。私も昭和の人間ですから分かるのですが、今は高度成長の時代ではないのだから、頑張って長時間労働で一生懸命やっても結果なんて出はしないのです。

 

今の子たちはそれに薄々と気が付いているのだと思います。

 

その中で働く環境と言うのはとても大事では無いでしょうか?

 

働く仲間を思いやる気持ち

仲間を尊重する気持ち

仲間の幸せを喜べる気持ち

 

とにかく優しい気持ちを持つことが大事だと思います!!!

 

売り上げを上げなくてはならない

他社に勝たなくてはならない

 

競争心は非常に男性的で必要ではあるのかもしれませんが、女性的な優しい気持ちを持った事業の在り方も今の時代は大事だと思います。

 

楽しく、心優しく。それを踏まえた上での経営です。

 

 

ケーキは時々スタッフにふるまうご褒美ケーキです!他社の物ですが、やっぱり仕事が終わった後の甘いものは最高ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.04.07  

ここ何か月前からか、実は学んでいる事がある。

ある、ヒーリングメソッドを学んでいる。

 

40代にもなると、人生でそこそこの事を経験して来ている。概ね私の場合は、事業をしてからが挑戦と失敗の繰り返しで、本当に穴があったら入りたいくらいの事ばかりだ。

 

経験は、人生の中での最高の宝。

 

それが、あって今の自分がいる。失敗はしたくないけれど、今までやってきた事を否定する事は一つも無い。

むしろ、「これでいい」といつも思っている。

 

失敗の中で大きな学びがまたある。

自分の中で一番大事な価値観が何なのかが見えてきた。

 

これは、経験をして行かないと分からない事だけど、大事な事って今の私には「心の豊かさ」かなという心境に至った。

 

では、心が豊かな状況っていったい何?って考えた時、①まずは肉体が元気であること②そして周りの人に常に優しくなれるような心のゆとり(自分のゆとり)を持つこと③そして人の役に立つことかなって思う。

お金はあったに越したことは無いけど、まあ困らない程度でいいかなと思う。

 

日本は、戦後大きな発展を遂げて、先進国になった。

私は実質の日本の貧しさという物を体験していないけれど、「物があること」「お金がある事」それが本当の豊かさだとは思っていない。

 

今の日本は便利で世界一暮らしやすい国かもしれないけど、何と言い表したらいいのか、心の豊かさという面では戦後より戦前の方が勝っているような気がする。

 

心の豊かさ、肉体の元気、経済。全部をバランスよく手に入れる事が大事なのではないでしょうか?

 

働き過ぎて健康を崩したり、忙しすぎて周りの人に優しくなれなかったり、自分の心の豊かさにスポットを当てる時間が現代人には無いような気がする。

 

自分の心の豊かさとは未熟な物ではなく、それも成熟した物で無ければならないと思う。

 

若い時は、自分の好きなことをしている時、相手の気持ちを考えず、ただわがまま奔放を通す事が「時間的な自分のゆとりであり、豊かな事」と思っていたけど、それは大いに違うという事が分かった。

 

相手、周りあっての自分だから。

 

自分の事も大事にしつつ、周りも大事に出来るそのバランス、調和こそが心の豊かさだと思う。

 

全て100%の周りの人の要望は叶えられないけど、それでいいと思う。

無理をして健康も崩し、心にゆとりがないといろいろな意味での大けがをするから。

 

少しづつ自分の器を広げていけばいい。

 

お客様から思えば「なんか融通の利かないお店」と思う方もいらっしゃるかもしれないけど、自分がここまで。働くスタッフがここまでなら出来るという所を今やっている。

 

利益、利益、利益。そればかりを追求して行くと、また私にとってはろくな事が無いから。

 

のんびり、焦らず、楽しくかな。

 

休息をとる事、ひと呼吸置くこと、立ち止まる事。

 

一見非常に無駄だと思える事だった。過去の私にとっては。

 

でも、全部壊れたから、結局は休息、ひと呼吸、立ち止まる。それをやっていた方が良かったような気がする。

 

今の時期は、歓送迎会や学校の行事でとても忙しい時期ですが、自分のケアもしつつ、どうしたらもっとお客様が喜ぶか考えています。

 

学校の行事で、予算内でパーティープレートを作って欲しい。

幼稚園の卒園式のイベントで子供たちの為にスペシャルなランチボックスを作って欲しい。

 

今は、自分の精神にゆとりがあるので、「ご要望に合わせてやってみよう!」「任せてください!」と思えるようになった。

仕事も「楽しい」ってやっとここ最近は思えるようになった。

2018.03.17  

こんばんは。オーナーの藤原です。

 

先日の日曜日はガストピア安芸での初めての料理教室の予行練習に行きました。

ガストピア安芸はガストピアの中でも一番新しい施設になるそうです。

 

お店は殆どが電気ですが、自宅はガスオーブンを私の家も入れています。

 

当日は、ローストビーフを作り、それをサンドウィッチにします。

他、菜の花とハム、チーズなど。

いろどり豊です。

 

残念ながら、定員はもう埋まってしまっているようです。(抽選みたいです)

 

料理教室を主宰する制作会社の方と試作中にいろいろと話をしました。

 

仕事を自分で初めて早7年近く。「働き方に対する考え方が大きく変わったと。」

がむしゃらに休みなく働いて、息をつく間も無く次々と挑戦を繰り返してきました。

昨年の改装とともに、燃え尽き症候群のような感情に陥ってしまい。

 

今でもいろいろと挑戦はしていますが、大分肩の力を抜けるようになりました。

昔だったら、疲れていてもとにかく「やる」。「休んだら負け。」みたいなところがあったのですが、そこを大分手放した。

 

一生懸命やっても、自分の心が豊かでなかったら、幸せでない。

 

心の豊かさってなんだろう。

 

それは、みんなが笑顔になれる事なんではないかなと。

相手は自分の鏡です。自分が笑顔になれば、みんなも楽しい。周りの人も心が豊かになる。

 

食べ物は、作る人の波動みたいな物の影響をもろに受ける。

 

幸せな気持ちで、作ったものはきっとおいしい。

 

経営をしているとお金の事とかすごく切り盛りするのが大変で、不安になることも多いけど、健康であって

幸せであって、それでいいかなと最近思う。

 

お客さんが喜んでくれる事は、単純に物を安く売る事だけではなく、もっと違う形でサービスを出来る事が

たくさんあるはずです。

薄利多売の時代はもう終わったと思います。

 

先日は、ある学校さんからのご要望で、予算内でオードブルの盛り合わせを納品した。

後ほど、担当の方からお礼のメールがあり、とても感動した。

 

人は役にたって、なんぼの世界かなと思う。

 

体力勝負の事でいろいろな事をするのはもう無理な年齢だけど、考えるのは得意だ。

 

何をしたら喜んでもらえるか、どんなサプライズをお客様に届けられるか。

頭を使った挑戦はまだまだある。

 

2018.03.14  

すっかり春になりました。

今日は、それでも急に寒くなってしまい、まだダウンジャケットが手放せない人も多かったのでは?

 

「良い感情だけを思い描く事の大事さ」

これは、どういう事かと言うと、私の実体験が元でこう言える事。

 

2011年にお店を開業して早7年近く。

いろいろなストーリーがあった。

お店を創業した頃の私の精神は非常に未熟で、考え方も本当に子供だったと思う。

思い返すと、本当に遊び感覚の開業だったんだなぁと。

 

自分の感情丸出しの経営スタイルが長く続いた。6年近く。

何を思ったのか、「自分が一番正しい」「トップダウンが当たり前」何て感じで、大して何も出来はしないくせに

「あれやれ!」「これやれ!」って。スタッフの気持ちも考えずに、良く怒鳴り散らしていた。

 

変な自信があったんだと思う。

特にプロとしての経歴も無いくせに、ゼロからイチを生み出した事に。

ゼロからイチを生み出す事は本当に大変だった。

パン教室上がりのただの主婦が創業したから、独学で必死でパンの技術を向上させた。

 

その自信がいけなかった。それは今になって思う。

 

良く私のブログにも書いているけど、「ほとんどのスタッフが辞めていった」。

相当、居心地が悪かったんだと思う。

 

反省した。

 

人に嫌われるのが怖いという理由では無い。

初めて、相手の気持ちが分かったからだ。

 

働く仲間たちはみんな経営者ではない。同じ気持ちにはなれる訳が無い。

それを相当押し付けた。

 

本当に逃げたかったのは、私なのかもしれない。

 

でも、逃げなかった。

逃げたら、また同じことの繰り返しになる。

 

辞めていったスタッフ達を恨む気持ちは一つも無い。そんな感情を持っても無駄だからだ。

 

ただ、去っていったという事実のみが残るだけだ。

 

それぞれが、それぞれにあったカタチで幸せになってくれたらいいと思う。

 

話は元に戻るけど、「良い感情を思い描く」そうなろうと努力した訳では無い。

自分の過去の経験がそうさせただけだ。

 

理由は、人間関係上で非常に成長させられたからだ。

今は、苦手な人もいないし、特にあの人の○○が嫌いとかも無い。

 

それぞれ、人間は皆成長過程にある。

 

だから、いろいろな人がいていいし、分からない事があっても当然いいし、間違ってもいい。

それを自分なりの勝手な評価で、あれはダメとかあの人は出来ないとか勝手に思っているから、悪い感情が

生まれる。

 

いろいろ体験して、たくさん間違えをして、たくさんダメな自分がいて、ボロボロになって。

全部体験したら、相手なんて全部かわいく思える。

 

そうなると、悪い感情は、よっぽどな事が無い限り、生まれない。

ていうか、殆ど怒らなくなった。

 

怒らなくなると気持ちが楽になる。

 

そうなると、相手がちょっと頑張ったりしてると「よくやってるね!」とか「やるじゃないか!」何て言葉が出てくる。

そうすると、一緒に働くスタッフも気分がいい。

気分がいいと、ゴシップも無くなる。

そして、自分が豊かになれば、相手にも優しく出来て、良いサービスもできるようになる。

 

よく、「ありがとう」とか、「感謝」とかその言葉だけを言うようにするといいと言うけれど、そう思えない時もあっていいと思う。

みんな人間は成長過程だから。

醜い感情を思い描く時もあっていいと思うし、私も多いにあったし。

 

その過程で自然に自分が変わればいいんじゃないかなと思う。

 

自然に相手の事を「いいね!」って思えるようになると、「あら不思議、素敵な事しか起きなくなる。」

これが、良い感情だけを思い描く事の大事さだと思います。

 

写真は仰向けになっている愛チュウ(ハムスター)の写真。

完全、リラックスなのだ!

 

 

2018.03.09  

今日は沢山のご注文が入りました。

配送も緑井から坂まで、なかなか大移動でした!

 

久しぶりに登場のお届けハムスターの「れたす」です。

全然、お届けをしていないわけじゃ無くて、寒かったからドリンクホルダーの所から出れなかったよ!

 

人気のオードブルからお弁当まで!みんなで本当に頑張ったよ!

最後は橋を渡って坂まで行ったよ。

海が綺麗だったよ!

 

#広島でオードブル サンドウィッチの宅配ならフリヨン宅配ブレッドにお任せ!

2018.03.01  

こんばんは。オーナーの藤原です。

今日は、真夜中になってしまいました。

帰ってから、何故かとても疲れてしまって一度寝てしまいました。

 

最近は自分の心がどのように感じているか、どうしたいのかというのをより感じるようにしている。

「今日はうどんが食べたいなぁ」と思ったら、うどんを食べる。

「急に眠くなった」と思ったら寝る。

 

仕事はきっちりしますが、プライベートはかなりアバウト。

昔はこうじゃなかった。この仕事をする前は結構神経質で。

 

今は、O型に憧れるA型。

 

肉体労働のこの仕事をしていると、私生活ではいろいろな事に気を配れなくなってしまった。

 

昔は、「〇〇でなくてはならない!」が非常に強かったのですが、「〇〇でなくてはならないってそんなに必要か?」って思い始めた。そのルールはいった誰が決めたんだって。

 

〇〇でなくてはならないというのを考える事より、この仕事を始めた当初眠くて、眠くて「もう〇〇でなくてはならない」は本当にどうでも良くなった。

 

そんな生き方をして早7年近く。

〇〇でなくてはならないは、仕事の中でも手放しつつある。もちろんバランスを取った上でだ。

それは、特に従業員に対して。

 

私の幼少期の話をしよう。

 

私は神奈川県横浜市が実家だ。

何を隠そう浜っ子なのだ。

小さいころから世の中を小ばかにしていた。「世間なんて。何が!って感じ」だった。

 

そして、笑える事にすごく運動神経が鈍くて、逆上がりは出来ないし、跳び箱は飛べないし、ドッジボールをやれば一番の標的だし、自転車も乗れたのが小学校3年生くらいだったし。

走るのも遅くて50メートルを12秒台。

馬飛びをやれば顔から地面に落ちて、顔が血だらけだったり。

本当に笑える。

 

小学校のころは、何よりもこの事がコンプレックスで「私はずっとこのまま何をやってもできない人の代表」なんだと思っていた。

 

しかし、周りの人がすごかった。先生も親も一度も私を否定しなかった。

 

例えば、兄弟との比較や同級生など。

一度も一度も比較が無かった。

 

 

体育以外の成績は中の上くらいで、本当に平凡だった。

良かったのは図工くらい。何かを表現するのは得意だった。

 

親から怒られた事は殆どなかった。記憶に無いだけかもしれないけど。

 

だから今の自分がある。

 

否定や比較がすべてダメとは言えないけど、私は今の世の中比較だらけではないかと思う。

勝つこと、相手より目立つこと。

商売としてはそれは大事だと思うけど、私は今の日本人全般が仕事と私生活の境がつかなくなっているような気がする。

 

私生活に戻っても比較、比較でいつも人目を気にしたり。心が豊かではない。

今はSNSがあるから、他者のSNSを見て自分で自分を比較したり。

 

会社では上司がダメ出しをして、それがきっかけで自信がなくなったりするのではないかと思う。

ダメだしがダメではない。その後のフォローが必要だと思う。なぜ、そのダメ出しがあったのかと。

言ったら言いっぱなしだから厳しい。マスコミやゴシップも同じ。フォローが無い。

 

人間は一人では生きていけない。みんな何処か孤独な部分を持っていると思う。

それでいい。

 

メンタルのフォローをしてくれる人がいない所が悲しい世の中だ。

心を開けない

SNSで何か書かれるのではないかと思ったり、変な妄想が始まる。

 

ありのままの君を受け入れてくれる人がどれだけいるかだ。

 

苦労している人と付き合った方がいい。

人の痛みがわかるからだ。

 

そして、人生は楽しく。

心は温かく。人や動物、植物や物にも優しく。

 

2018.02.27  

今日はあるセミナーで他県に来ています。

 

「自分らしく生きる」。

誰もが、自分らしく生きているかもしれないけど、そうでないという違和感を持ちながら生きている人も

いると思う。

 

私はこの事業をする前は本当に世間知らずで、わがまま奔放に生きてきた。

あまりにも思った事をストレートに言い過ぎる為に、相手を傷つけた事もたくさんあったと思う。

 

事業を始めて、思い通りに行かないことがあまりにも多すぎて、人との関わりで反省すべき所が多かった事に気づく。

 

雇われている頃は多少は我儘が通じる。でも、自分がトップになった瞬間から「ワンマン経営」で「トップダウン」のあまりにもキツイものだと誰もついてこない。

 

私は変わった。

今までの経験で、人間関係で沢山の失敗を繰り返して、「気づくことがすごく多かった」。

 

私の気質は非常に極端で、3年くらい前は、思ったことをストレートに言葉に発していた。

「相手を勝手にこの子は○○だ。この子は、こういう気質の子だ」なんて勝手にジャッジしていた。

 

周りにいる人はとてもキツかったと思う。だらか、殆どの人が辞めていった。

 

とことん打ちのめされて気が付いた事。

それは、「相手は自分が思ったほど、○○では無いかもしれない」という事。

 

初めての事で恐怖を感じていたり、幼少期や最近のトラウマで本当の自分が出せなかったり、あるいは失敗が怖くて成功路線しか出せなくて行動を躊躇していたり、肉体をあまりにも酷使しすぎて、心のスタミナも減っている人もいるかもしれないという事。

 

結果、気が付いた事は「人間はリラックスしている時が一番素晴らしいエネルギーを発揮できる」という事だ。

この画像は、あるヒーリングセミナーで使われた画像。

ハートの中にスヌーピーが寝そべっている。

しかも仰向けで(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

労働勤務時間が短くなってうちもブラック企業から卒業した。

会社側からしたら、形態を大きく変えるという事は非常にリスクが高く、人件費もかかるので儲けにつながらないことも多い。

 

しかし、短い労働勤務時間になった事により、スタッフの気持ちにゆとりができたと思う。

昔はケガや火傷がすごく多かった。笑顔も真の笑顔では無かったような気がする。

何より、みんな楽しそうだ!

 

私も、以前の自分の会社は好きではなかった。自分らしく生きていなかったという事だ。

どこかで、「パン屋はこういうもの」「こうでならなきゃいけない」を作っていた。

心にも体にも限界が来た。何もかもがつまらなくなった。自分の店が自分で嫌いになった。

 

まだまだ私の心は傷ついているところもあるけど、少しづつ、少しづつ「心のスタミナ」を元に戻していこうと思う。

 

「生きるのが楽しい!」「ここで働くのが楽しい!」そして、「仕事の事で人の役に立つのが嬉しい!」「自分の存在が好き!」「相手も好き!」と思えるようなスタッフ作りをして行ける自信があります。

 

 

 

 

2018.02.24  

こんばんは。オーナーの藤原です。

まだ、まだ寒い日が続きます。

今日は午前中の納品が多かったので、夜中に出勤でした。

今日は、スタッフに「まかないパン」を作りました。

海老カツにキャベツ、チーズ、タルタルソースとケチャップ。

それをパンで挟んでホットサンドに。

天然酵母のパンなので、味わいがあって美味しかったです。

 

2月もあともう少しで終わりになります。

4月に改装をして、メインで働いていた正社員がいなくなり、レトワールフリヨンはまたゼロからのスタートになりました。

今までは技術のある者がパンを焼いていたけど、全員がパートの現在。

また、人を一から育てる事が始まりました。

 

以前と同じクオリティーを出そうとしても、技術があるものが辞めてしまえば、パワー不足になるのは当たり前です。

半年くらい厳しかったですね。

 

でも、今はみんなが育ってくれて、そして職場の雰囲気もとっても柔らかくなった。

みんな楽しそうだ。

 

エネルギーを内に注ぐしかなかった。

でも、もうそろそろ、またお客様の為に何かをやってみようと思う。

まずは、ずっとストップしていた「会報誌」の再開。

 

そして、何かのサービスを考えようと思います。

 

内から外へ。

いよいよ始動します!

 

#広島でサンドウィッチ、オードブルならフリヨン宅配ブレッドにお任せ!

2018.02.21